スポンサーリンク

【京都】城南宮 神苑 / しだれ梅と椿まつり<京都五社>

京都府
この記事は約5分で読めます。

筆者 ゆー です☺

 

はじめましての方も、そうでない方もお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

ブログ紹介と自己紹介は「HELLO」へ。

 

コロナ渦中の今、過去の旅行を振り返っています。

 

どこかへ旅行に行く度に素晴らしい沢山の刺激に出会い

日々、自分のレベルがどんどんアップしているので(自画自賛😂)

たった数年前や、1年前、1ヶ月前のことでも、今の自分が見ると違和感がすごい、、、😂😂😂

 

読者も一緒に旅行へ行った気分になれる、そんな楽しめるブログを目指しています。

やさしい心でブログを覗いて行ってやってください🙏

 

 

 

✈ 2017.03.12.

 

 

 

京都五社のひとつ「城南宮」は、2~3月にかけて毎年大賑わいの神社です☺

 

 

境内のあちらこちらに梅の樹があり、花が咲いている様は、

日本人のみならず、世界中の人達も心が躍るのではないでしょうか☺

 

 

その中でも、梅の花が咲きみだれる日本庭園があります。

 

スポンサーリンク

 

神苑

 

 

本殿のある、城南鳥居をくぐると、左側に日本庭園「神苑」の入口があります。

「城南宮」自体は無料ですが、こちらの「神苑」のみ有料です。

 

しだれ梅と椿まつり | 城南宮

 

注意事項

神苑内での飲食、撮影時の三脚・一脚・脚立・自撮り棒の使用、座ってのスケッチはご遠慮ください。
平成28年4月1日より、介助犬や盲導犬を除き、犬やペットが手水舎の手前より中の神域に入ること(キャリー・抱っこを含む)を禁じています。

ご理解ご協力をお願いします。(公式サイト引用)

 

スポンサーリンク

 

しだれ梅と椿まつり

 

神苑へ入ると、さすが関西屈指の梅庭園なだけあり、

立派なカメラを持った人たちがたくさん来られていました。

 

もちろん、花見感覚で入場されている方もたくさんおられます。

 

 

大きいカメラを持っている方々のお目当ては、

梅の花の蜜によってくる小鳥を狙った写真のようです。

 

 

小鳥はたくさんの種類がいたので、

是非、ズームのしやすいカメラを持って行ってみてください👍

 

 

神苑内は、中央が少しせり上がった丘になっていて、

その丘の周りをぐるっと回るようになっています。

 

場所によっては、丘の向こう側におられる方が見えます(写真に写ります)

ですが、上下左右角度を変えることで、他人にとらわれずに梅を楽しむことができるので、

自分の好きな場所・角度・ベストショットを見つけてみてください👍

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

神苑の始まりと、終わる頃、

梅と同じく、見頃の椿の花もたくさん咲いています☺

 

梅は、主にしだれ梅の紅と白が150本。

椿は、よくある赤と白のみならず、50品種、約300本あるので、

とっても見ごたえがあります👍

 

神苑に咲いている椿の写真一覧はこちらから見ることができます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

所要時間

 

 

所要時間は、、、

神苑をただただ、ぐるっと見てまわるだけなら15分くらい

ゆっくり、梅の花や椿の花を愛でるなら30~60分くらい

、、、でしょうか。

 

筆者は、ゆっくり愛でつつ、ゆっくり写真を撮りつつ、

で、あっという間に1時間半経っていました😂

 

小鳥を狙うなら2時間は欲しいところです😂👍

 

スポンサーリンク

 

 

神苑を出ると日本庭園が続いていました。

 

 

こちらの「平安の庭」の小川には、錦鯉がいます。

 

 

「室町の庭」と「桃山の庭」の間には、お茶席「楽水軒」があり、

巫女さんがお菓子とお抹茶を有料(300円以上の志納)で出してくれます。

 

 

梅の樹も、椿の樹も、境内のあちらこちらにあるので、

有料の神苑にわざわざ入らず、無料の境内で花を愛でることも十分にできますが、

やはり、神苑内は圧巻で、入って損はないです☺

 

梅の花と椿の花の咲く季節は、期間限定の「梅の花守り」や、名物「椿餅」など、

お楽しみがたくさんありますので、是非一度はこの季節に「城南宮」へ訪れてみてください。

 

スポンサーリンク

 

城南宮

 

城南宮 | 京都の南、方除け ・厄除けの祈祷、車のお祓いの神社。巫女が神楽を舞い、庭園は花と紅葉の名所です
京都の南、方除け ・厄除けの祈祷、車のお祓いの神社。巫女が神楽を舞い、庭園は花と紅葉の名所です。

 

<参拝時間>

―――

 

<神苑拝観時間>

9:00 ~ 16:30

 

<神苑拝観料>

大人 600円 / 小・中学生 400円

 

「しだれ梅と椿まつり」詳細はこちら

 

<御朱印料>

300円

 

境内マップはこちら

 

<駐車場>

あり 無料

詳しくはこちらをご覧ください

 

<最寄りの公共交通機関>

市バス 「城南宮」下車

京都市営地下鉄 「竹田」

近鉄京都線 「竹田」

詳しくはこちらをご覧ください

 

<マップコード>

7 404 687*70

 

〒612-8459 京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7

電話番号 075-623-0846

 

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

長旅お疲れ様でした!

 

では また🙏

 

 

 


 

 

 

ランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング

⇧ぽちっと押していただけると嬉しいです☺

 

Instagram @sgr.a.star / Twitter @trip_u_log / 楽天ROOM trip-u-log

フォロー&いいね、励みになります☺️

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました