スポンサーリンク

【京都】鈴聲山 真正極楽寺(真如堂)/ 紫陽花編

京都府
この記事は約7分で読めます。
✈ 2021.06.30.

 

 

 

真如堂」(しんにょどう)へ初参りです。

 

詳しくは「鈴聲山 真正極楽寺」(れいしょうざん しんしょうごくらくじ)といい、

本堂である「真如堂」の名前で親しまれています。

 

境内の紫陽花(あじさい)が見頃で綺麗だと誘ってもらったので、

カメラを持って行って来ました☺

 

この記事は、紫陽花の写真ばかりですが、

別記事で「真如堂」のことをピックアップしてご紹介しています。

良ければ合わせてご覧ください。

 

【京都】鈴聲山 真正極楽寺(真如堂)/ 本堂・境内編
京都の観光地にあるとは思えない落ち着いた空間が広がる真如堂へ参って来ました。授与所には安倍晴明の護符や元三大師の角大師の護符があり、以前から欲しかった角大師の護符をいただき、家に帰ってさっそく米粒で壁に貼ってみると疫病退散どころじゃなかった!

 

【京都】鈴聲山 真正極楽寺(真如堂)/ 稲荷堂編
目では見えない世界も、見える世界も、真如堂の稲荷堂は癒しを与えてくださるところでした。

 

スポンサーリンク

 

花手水

 

「真如堂」の手水舎は、最近流行りの花手水、、、ではありますが、

日本らしい控えめさと美しさが合わさった、季節の花をあしらった花手水でした☺

 

 

ーーと、本堂・境内編で花手水をちょこっとご紹介しました。

カメラは、いつもの旅の相棒、コンパクトデジタルカメラ OLYMPUS TG-860 です。

 

紫陽花編では、一眼レフデジタルカメラ Canon6D + SIGMA art 35mm F1.4 DG HSM で撮影した写真を載せて行きたいと思います☺

 

 

この紫陽花エリアの場所は、記事の後半でご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

紫陽花

 

当初、しおり先生と2人だと思っていたら、お富さんも参加とのことで、3人になりました👍

 

お富さんは着物が大好きで、普段から私服が着物です!(この日は浴衣でした)

もう、フレームインしていただく以外に何がありましょう!

 

紫陽花を愛でておられるお富さんを

勝手に追いかけて撮らせていただきました🙏

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

お富先生のInstagramはこちら

着物について様々なことを書かれていたり、着付けレッスンなどもされています☺

 

 

しおり先生のInstagramはこちら

プロのカメラマンです。

華やかでいて、癒しのある写真を撮られています(個人比)

 

 

素晴らしい一時をありがとうございました!

 

 

こちらの紫陽花を含め「真如堂」の境内は、庭師さんがしっかりと管理されているので、

ただシャッターを押すだけで、どこを写真に撮っても素敵に撮ることができました🙏

 

あ、そうそう!

 

蚊が多いので、しおり先生みたいに

虫さされ痒み止めの塗り薬を持参されるのがオススメです👍

 

 

準備万端😂👍👍👍

 

スポンサーリンク

 

紫陽花エリア

 

 

今回、筆者が撮らせていただいた紫陽花たちは、境内の奥にありました。

 

本堂 真如堂の裏に当たる東参道から行くと近いです。

 

万霊堂を囲むようにして植わっていました。

 

 

東参道も、万霊堂も、公式の境内マップには記載されていませんが、

GoogleMapには記載されているので、詳しい地図を見たい方はGoogleMapで見られてください。

 

公式サイトよりお借りしました)

 

 

この紫陽花エリアの料金は無料です。

 

「真如堂」のほとんどが無料で一般開放されていて、

本堂の内陣拝観と、その先にある書院と庭だけは有料となっています。

 

そして、境内が広いのもありますが、都会とは思えない落ち着いた空間となっていましたので、

行かれる方は、時間をたっぷり用意して行かれるのがオススメです☺

 

 

休憩ができるようにベンチも設置されていました☺

 

注意事項もありまして、

一脚・三脚の使用、撮影会、商用などの無断写真撮影、写生(個人も含む)は禁止されています。

でも、ロケーション撮影、写真利用などはお問い合わせ次第的なことが公式サイトに記載されています。

詳しくは、直接「真如堂」へお問い合わせされてください。

公式サイト お問い合わせフォームはこちら

 

 

 

【京都府】は「明星山 三室戸寺」(みむろとじ)の紫陽花もオススメです☺

良ければ合わせてご覧ください。

 

【宇治】明星山 三室戸寺 / あじさい園
あじさい寺で知られる三室戸寺へ、紫陽花を求めて6月中旬に行って来ました。三室戸寺は紫陽花の他にも花や樹木が美しく、平安絵巻などの古典で想像する昔の日本の優美な雰囲気が広がるお寺さんでした。癒しを求めて参拝されるのもオススメです。

 

スポンサーリンク

 

鈴聲山 真正極楽寺(真如堂)

 

<拝観時間>

9:00 ~ 16:00

 

<おやすみ>

行事などのために拝観を休止、または制限されることがあります。

詳しくは、公式サイト でご確認ください。

 

<拝観料>

通常期 大人 500円 / 高校生 500円 / 中学生 400円

特別拝観 大人 1,000円 / 高校生 1,000円 / 中学生 900円

(障がい者手帳をお持ちの方・小学生以下は無料)

 

この記事でご案内したところは、全て無料で一般開放されています。

 

<特別拝観日>

【2019年】3月1日 〜 3月31日・11月1日 〜 12月8日

詳しくは、公式サイト でご確認ください。

 

<御朱印料>

300円

 

境内マップ

 

<最寄りの公共交通機関>

市バス 銀閣寺行き「真如堂前」下車

市バス 銀閣寺行き「錦林車庫前」下車

 

公式サイトの情報によると、

バス停「真如堂前」からのルートは急な上り坂のため、

バス停「錦林車庫前」から行くのが良いそうです。

 

<駐車場・駐輪場>

あり 無料(下記参照)

特別拝観日・紅葉時期はご利用できません

 

〒606-8414 京都府京都市左京区浄土寺真如町 法伝寺

電話番号 075-771-0915(受付時間 9:00~16:00)

 

 

スポンサーリンク

 

駐車場・駐輪場

 

車で「鈴聲山 真正極楽寺」もとい「真如堂」へ行って、参拝される方は、

「真如堂」の参拝者用無料駐車場を利用することができます。

 

ただし、真如堂 特別拝観日・紅葉時期はご利用できませんので、ご注意ください。

 

参拝者用無料駐車場は、公式サイト 交通アクセス の情報によると、、、

「駐車場について / 真如堂境内の駐⾞場は⾮常に狭いため、バス・タクシーでお越しください。」

と、駐車場があることはわかりますが、

それ以上の情報は記載されていませんでした(2021年執筆現在)

 

実際に行ってみると、参拝者用無料駐車場はあるはずなのに、案内は何も見当たらず、、、。

更には ややこしいことに、民営の有料駐車場が手招きしているかのように位置しています😂

 

 

参拝者用無料駐車場へ行くには、参道の石畳を突き進んでください。

 

写真だと樹々で見えにくいですが、

朱色の総門を越えたところに参拝者用無料駐車場がありました!

 

航空地図で見ると こうなっています👐

 

(GoogleMap引用)

 

総門をくぐって、境内側から撮った写真です。

 

 

駐車台数は、12台分あり、

総門の白い塀沿いが駐輪場になっています。

 

「真如堂」までの道のりは、狭い住宅路地を通るルートとなっています。

お気を付けて、参拝されてください☺

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

長旅お疲れ様でした!

 

では また🙏

 

 

 


 

 

 

ランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング

⇧ぽちっと押していただけると嬉しいです☺

 

Instagram @sgr.a.star / Twitter @trip_u_log / 楽天ROOM trip-u-log

フォロー&いいね、励みになります☺️

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました