スポンサーリンク

【丹後半島】道の駅 舟屋の里伊根<京都府北部日帰り旅>

京都府
この記事は約4分で読めます。
【前回までのあらすじ】

 

★京都府の北部、「海の京都」を日帰りで巡って来ました!

★ミツマタ群生地

★あやべ特産館

★綾部茶のカフェ

 

 

良ければご査収ください☺

 

 

 

✈ 2021.03.25.

 

 

 

直売所から直売所へ!

お次は「道の駅 舟屋の里伊根」へやって来ました!

 

 

スポンサーリンク

 

絶景の道の駅

 

「道の駅 舟屋の里伊根」は、高台に建っていて、、、

 

 

港町を一望できます!

 

 

「道の駅 舟屋の里伊根」と聞いて、お気づきの方も多いと思います☺

 

ここから見下ろせる港町は「伊根の舟屋」または「伊根の舟屋群」といわれる

漁村集落として全国で初めて、

国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された集落です。

 

個々の家が、海辺ぎりぎりに建ち並んでいて、

1階が船のガレージ、2階が居室となっている独特な建築物です。

 

 

舟屋については、別でピックアップして記事にしたいと思います🙌

 

スポンサーリンク

 

道の駅 舟屋の里伊根

 

 

直売所では【伊根町】の特産品を主に、

日本海の特産品やお土産などが販売されていました☺

 

 

港町なだけあって、菓子類より、魚介類(加工品含む)の品数が多かったです👐

季節や地域の特性、この時だけは、、、なのかはわかりませんが、

釣りたて捕れたて活魚はありませんでした。

パック詰めされた冷蔵もの・乾物・お土産用の加工品、

それから「へしこ」が販売されていました。

 

ご当地アイスチェックも、もちろん欠かしていません😂👍

 

 

ーーが、食べていません😭

ソフトクリームはありませんでした😭

 

スポンサーリンク

 

休憩所・飲食店

 

直売所とは棟が分かれています。

屋外通路を挟んで、すぐ隣の距離です。

 

 

建物に入ると休憩所がありました。

無料でもらえる、伊根の地図やパンフレットなどが置いてあります。

 

そして、こちら!さすが港町ですね!

【伊根町】のお祭りで使用される、船の神輿(神楽?)の模型がありました!

 

 

道の駅には、飲食店舗が3店舗入っています。

全てこの休憩所がある建物内にあるのですが、1店舗だけ閉まっていました。

あとの2店舗は活魚料理屋さんです。

 

全て元は同じ系列店のようです。

 

【公式】奥伊根温泉 油屋 : 丹後・伊根 旬魚料理と直掘り天然温泉の宿
丹後半島、奥伊根の温泉と魚料理、かに料理のお宿「油屋」。露天風呂もあり日帰り昼食も楽しめます。舟屋の町伊根の観光にも便利

 

「お食事処 油屋」

 

 

「レストラン舟屋」

 

 

どちらも店内から舟屋群を眺めながらお食事ができます☺

 

スポンサーリンク

 

道の駅 舟屋の里伊根

 

道の駅 舟屋の里伊根 京都府 全国「道の駅」連絡会
<第1回(1993.4)登録>

 

<営業時間>

9:00 ~ 17:00

 

<定休日>

---

 

<駐車場>

あり 無料

 

<マップコード>

652 605 488

 

〒626-0424 京都府与謝郡伊根町亀島459

電話番号 0772-32-0277

 

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

長旅お疲れ様でした!

 

続きは次の記事で。

 

では また🙏

 

 

 


 

 

 

ランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング

⇧ぽちっと押していただけると嬉しいです☺

 

Instagram @sgr.a.star / Twitter @trip_u_log / 楽天ROOM trip-u-log

フォロー&いいね、励みになります☺️

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました