スポンサーリンク

【出雲】醫王山 一畑寺(一畑薬師)/ 本堂・境内編<どこでもドアきっぷで行く島根2日間の旅 Day2>

島根県
この記事は約12分で読めます。
【前回までのあらすじ】

 

★どこでもドアきっぷで特急やくもに乗って出雲のお国へ

★出雲大社参拝と真名井の清水

★飲んだり食べたり。

★お連れ様を宿に残して、プチひとり旅

★徒歩で参る 一畑薬師 古参道ルート編

 

 

良ければご査収ください☺

 

 

 

✈ 2020.12.20.

 

 

 

一畑のお薬師さま、目のお薬師さま、として知られる

醫王山 一畑寺」(いおうざん いちばたじ)、通称「一畑薬師」(いちばたやくし)へ

参拝したく、参って来ました!

 

前回の記事で「一畑薬師」徒歩で参る古参道編をご案内しました👐

 

【出雲】醫王山 一畑寺(一畑薬師)/ 古参道編<どこでもドアきっぷで行く島根2日間の旅 Day2>
「一畑薬師」へ徒歩で参る古参道編です。古くからの「一畑まいり」ルートを写真と一緒に所要時間も細かく記載しています。徒歩で「一畑薬師」参拝を検討中の方、興味のある方、参考になれば幸いです。

 

この記事では、本堂・境内編をご案内いたします☺

 

スポンサーリンク

 

境内

 

 

1270段の古参道(石段)をのぼりきり、本堂へ参る前に、

のぼりきった正面に手水舎が、、、センサー式の手水舎がありました🙏

 

 

公式サイトも、オンラインストアも、しっかり整備されていて、

授与所(詳しくは後程)では電子決済まで対応していて、、、ハイテク寺院です!!

 

 

「一畑薬師」は、水木しげる先生とご縁のあるお寺さんで、

目のお薬師さま、と、からめて、

参道の至る所に「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる「目玉おやじ」のモニュメントがあります👍

 

そして、境内には、水木しげる先生ご本人と、先生のおばあちゃんのモニュメントが

仲良く手をあわせてお参り中でした☺

 

 

モニュメントの前を通り、(モニュメントの右側にある)本堂へお参りします。

 

モニュメントの正面(上の写真)奥に写っている白っぽい建物は寺務所で、

授与所・休憩所・茶房・御手洗があります(記事の最後にご紹介しています)

 

スポンサーリンク

 

タイムリミット

 

この、一畑まいり、ひとりで参ったわけですが、

みかちゃんを宿に置いてきたので、

チェックアウトの時間までに戻らないといけないという、制限時間がありまして、、、😂

 

境内、所要時間(タイムリミット)は45分でした😂👍

 

45分とか結構あるわ!

とか思ってたけど、見どころいっぱいで足りませんでした😭

 

スポンサーリンク

 

狛犬

 

本堂前にも狛犬がいて(心の中で)挨拶をしました。

 

 

はじめまして!尻尾、、、が、、、あれ?

 

 

山門、仁王門、本堂、と それぞれ狛犬がいるのですが、

順に尻尾のサイズが、、、!

 

興味深すぎた!!!

 

姿勢より尻尾が気になりすぎる!

 

山門・仁王門の狛犬は、徒歩で参る古参道編に写真があります。

 

【出雲】醫王山 一畑寺(一畑薬師)/ 古参道編<どこでもドアきっぷで行く島根2日間の旅 Day2>
「一畑薬師」へ徒歩で参る古参道編です。古くからの「一畑まいり」ルートを写真と一緒に所要時間も細かく記載しています。徒歩で「一畑薬師」参拝を検討中の方、興味のある方、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

本堂

 

 

本堂(薬師堂)で、御本尊 薬師瑠璃光如来さまにお参りをしました。

 

8:30 に、境内に行くことが出来たので、筆者は一般参拝ですが、

本堂では、毎日、朝晩のおつとめがあり、誰でも参加できるそうです。

 

参拝予定で、お時間を合わせられる方は、ぜひおつとめにも参加されてみてください☺

経本・点字経本を借りることができますし(無料)

お経がわからなくても、その空間に参加できるのは嬉しいことです☺

 

参拝・おつとめ について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

本堂の前には、お灯明(ろうそく)・ご祈念のお札・絵馬・おみくじ、があり、

本堂の横(仏さまを正面に、左側)には、奉納があります。

 

 

 

ご祈念のお札は、本堂で奉願書に 名前・住所・願いごと などを記入し、窓口へ申し込みます。

申し込み後、ご祈念のおつとめがあり、おつとめ後に授与となります。

時間のない方は、先に授与、後におつとめ、と していただけますのでご安心ください。

 

詳しい「ご祈念」については こちらをご覧ください。

 

「奉納」は こちらをご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

 

おみくじは、セルフ式でした。

 

 

振って出た番号の引き出しから

おみくじを、自分で取り出すスタイル👍

 

 

そして、ハイカラなおみくじの数がすごかった😂

本堂の前と、授与所にズラーっと並んでいます👐

 

 

ーーと、本堂の前横をウロウロしていると😂

本堂の中が見えまして、、、

 

 

φ1m以上あると思われるほどの、大きな提灯がたくさんさがっていて、とても神秘的でした!

この光景が忘れられません!!

 

スポンサーリンク

 

鳥居

 

本堂をあとにすると、ふと鳥居が目に留まりました。

 

 

境内マップには載っていません。

 

そちらについては、別記事でピックアップしてご紹介しています。

結縁稲荷編をご覧ください🙏

 

【出雲】醫王山 一畑寺(一畑薬師)/ 結縁稲荷編<どこでもドアきっぷで行く島根2日間の旅 Day2>
一畑薬師の境内マップに記載されていない「結縁稲荷」のご紹介です。お寺の境内の端に位置するお稲荷さんは御本尊のお薬師さまをこの地に導いたことから祭られています。きつね の奉納品も一緒にご紹介しています。これから参拝される方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

萬堂と十六羅漢堂

 

鳥居の方へ、手の鳴る方へのように向かうと、、、

 

 

途中に、萬堂というところがありました。

 

 

何かな?

と、近づいて見ると、、、

 

 

お薬師さまがズラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー👐

 

全て、奉納されたお薬師さまです。

(お薬師さまの下に奉納者の記載あり)

 

インスタなどで「一畑薬師」を検索すると、

ほとんどの方が、こちらの萬堂のお薬師さまの写真を載せておられるので、

お薬師さまがたくさん並んでおられるのは知っていましたが、、、

 

予想以上でした!

 

参道には、目玉おやじ。

参道・境内には、お地蔵さん。

本堂の横には、奉納のお薬師さま。

本堂の前には、十六羅漢堂があり、絵馬はこちらにさげるようです。

 

 

十六羅漢堂の前を通って寺務所へ。

 

スポンサーリンク

 

寺務所(授与所)

 

順路の最後に寺務所があり、授与所・休憩所・茶房・御手洗があります。

 

 

授与所は半屋外にあり、休憩所・茶房は屋内にあります。

 

記事のはじめの方でもふれましたが、

授与所の支払い方法は、現金・クレジットカード・各種電子マネー(LINE pay・PayPay・d払い・auPAY・など)(交通系は忘れました🙏)での決済が可能でした。

 

筆者は、LINE pay を使おうとしたのですが、

山の上だし、朝も早く、参拝者ひとりめということもあり、

お寺さんの電波回線がまだお布団の中でした😂

お急ぎの方は、現金かクレジットカードがオススメです👍

 

お守りなどの種類は、

公式オンラインストアでお守りを授かることもできますが、

やはり、授与所の方が種類が多いように思いました。

 

見比べていないのでわかりませんが😂

 

 

茶菓子も豊富にありました😋

 

 

お茶っ葉も数種類ありました。

 

 

スポンサーリンク

 

お茶湯

 

実は「一畑薬師」は、【一畑】に茶畑があり、

独自の茶葉を製造し、本堂でご祈念したものを提供されています☺

 

「御霊茶 一畑薬師御供」という、とてもありがたい ほうじ茶があるのです。

 

授与所のところで、お土産に茶葉(バラ・ティーバッグ)を買うこともできますし、

「お茶湯」(おちゃとう)と書かれた場所(授与所内)(茶葉が置かれている正面)で、

御霊茶をいただくこともできます。

 

 

真ん中は、お薬師さまに御霊茶をかけて、お祈りするところです。

 

実際に飲む御霊茶がいただけるのは、左右に設置されたタンクから☺

 

御霊茶のタンクには「ご自由にお飲みください」と書かれていて、

手前には「賽銭」箱があります。

 

飲むのに、御霊茶の料金は書かれていません。

 

 

紙コップがあるので、その場でいただきました。

 

香りが最高です!(表現できません😂)

 

 

朝イチ × 猫舌 = 火傷😂😂😂

 

こちらの御霊茶は、

毎朝、本堂(薬師堂)の井戸から くみ上げられた御霊水で、茶葉を煮出し、

お薬師さまにお供えし、ご祈念をかけたものだそうです。

 

なので、100%ありがたい状態でいただけるのは ここ のみ!

 

スポンサーリンク

 

ーーですが、トックリ(徳利)が用意されているので、

お茶を入れて持ち帰ることができます👍👍👍

 

 

トックリは焼き物で、蓋はゴムパッキンのような素材で、浅めですがしっかりしたものです。

 

旅行中、リュックに入れてあちこち歩き回り、しゃがんだり、と、しましたが、

家に帰るまで全く漏れませんでした(倒してはいない)(一応気をつけていた😂)

 

デザインは、もちろん「一畑薬師」限定で、茶色と藍色があります。

容量は、トックリに御霊茶を満タン入れて、250mlくらいでした。

トックリ代(容器代)は、ひとつ500円(税込み)です。

 

トックリの横には、ビニール袋も常備されています。

 

水筒などの容器を持参すると、持参した容器に御霊茶を入れて持ち帰ることもできます。

その場合は、トックリ代は支払う必要はありませんし、御霊茶には料金がありませんので、

「気持ち」を賽銭箱へお納めください。

 

筆者は、旅行に2本も水筒を持って行ったのに、

宿でしっかり、お茶を満タン入れて、ここまで参拝してしまいました😂😂😂

なんならウォーターパックも持って行ってたのに、宿に置いて行ってしまった😂

 

御霊茶がとても美味しかったので、宿に置いてきた みかちゃんにも飲ませたく、

トックリ2本に入れて持ち帰りました😂✌✌✌

 

 

茶葉も買って帰りました🙌

が、やっぱり、家で淹れたお茶は、味もにおいも別物でした。

でも美味しいのは美味しい✌

 

御霊茶の味を説明するなら「ハーブティーのようだけど、すっきり飲みやすい日本茶」かな🤔

家で淹れたら「どくだみ茶風味のほうじ茶」でした😂😂😂

 

お茶湯について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

茶房 空

 

最後に、「茶房 空」を、、、☺

 

「茶房 空」の情報が見つからないので、シェアします。

参考になれば幸いです。

 

 

茶房 空 メニュー

 

仁多餅ぜんざい

おこげぜんざい

おやき&TEAセット

(TEAは一畑御霊茶・抹茶・黒文字茶から1つ)

抹茶 フラッペ

ほうじ茶 フラッペ

ブルーベリー フラッペ

ブルーベリー アイス(カップ・コーン)

550円

500円

500円

 

400円

400円

400円

300円

 

 

寺務所の建物内です。

 

なので、営業時間も寺務所(8:30 ~ 17:00)を基準に見ると良いかと思います。

聞けば良かった、、、😭

 

ーーと、ここでタイムリミットのため、「一畑薬師」をあとにしました👐

茶房で薪ストーブにあたりながらほっこりしたかった😂

 

「一畑薬師」新参道ルート(車での参拝ルート)は、帰路編で。

境内地図に載っていないお稲荷さんは、結縁稲荷編で それぞれピックアップしてご紹介しています。

 

【出雲】醫王山 一畑寺(一畑薬師)/ 結縁稲荷編<どこでもドアきっぷで行く島根2日間の旅 Day2>
一畑薬師の境内マップに記載されていない「結縁稲荷」のご紹介です。お寺の境内の端に位置するお稲荷さんは御本尊のお薬師さまをこの地に導いたことから祭られています。きつね の奉納品も一緒にご紹介しています。これから参拝される方の参考になれば幸いです。

 

【出雲】醫王山 一畑寺(一畑薬師)/ 帰路編<どこでもドアきっぷで行く島根2日間の旅 Day2>
「一畑薬師」へ徒歩で参る帰路編です。車推奨の しっかり整備された山道参道ルートを写真と一緒に所要時間も細かく記載しています。徒歩で「一畑薬師」参拝を検討中の方、車で参拝される方、興味のある方、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

醫王山 一畑寺(いおうざん いちばたじ)

 

一畑薬師(総本山一畑寺) | 臨済宗 | 島根県出雲市小境町
一畑薬師(総本山一畑寺)公式ホームページ

 

<御本尊>

薬師瑠璃光如来 / 釈迦如来 / 瑠璃観世音菩薩

 

<巡礼>

出雲國神仏霊場 第3番 / 出雲十大薬師霊場 第1番 / 出雲観音霊場 特別札所 / 中国観音霊場 第26番 / 百八観音霊場 第31番

 

<参拝時間>

24時間可能

(ただし、職員の対応可能時間は 8:30 ~ 17:00 )

 

<本堂おつとめ時間>

朝 7:30 ~ 8:00 / 御祈念 9:00 ~ 15:30 の間で約20分 / 晩 16:30 ~ 16:45

(朝と晩のおつとめは誰でも参加でき、経本・点字経本を借りることができます)

 

参拝・おつとめ について、詳しくはこちらをご覧ください

 

<寺務所>

8:30 ~ 17:00

 

<御朱印料>

500円

 

お守り・授与品の種類、オンラインストアはこちらをご覧ください

 

境内マップはこちら

 

〒691-0074 島根県出雲市小境町803

電話番号 0853-67-0111

 

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

長旅お疲れ様でした!

 

続きは次の記事で。

 

では また🙏

 

 

 


 

 

 

ランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング

⇧ぽちっと押していただけると嬉しいです☺

 

Instagram @sgr.a.star / Twitter @trip_u_log / 楽天ROOM trip-u-log

フォロー&いいね、励みになります☺️

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました