スポンサーリンク

【東近江】臨済宗永源寺派大本山 永源寺(もみじ寺)

滋賀県
この記事は約6分で読めます。

筆者 ゆー です☺

 

はじめましての方も、そうでない方もお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

ブログ紹介と自己紹介は「HELLO」へ。

 

コロナ渦中の今、過去の旅行を振り返っています。

 

どこかへ旅行に行く度に素晴らしい沢山の刺激に出会い

日々、自分のレベルがどんどんアップしているので(自画自賛😂)

たった数年前や、1年前、1ヶ月前のことでも、今の自分が見ると違和感がすごい、、、😂😂😂

 

読者も一緒に旅行へ行った気分になれる、そんな楽しめるブログを目指しています。

やさしい心でブログを覗いて行ってやってください🙏

 

 

 


 

 

 

臨済宗永源寺派 大本山 永源寺

 

<2020年の紅葉ライトアップ期間>

11月14日 ~ 29日

 

<開門時間>

am8:00 ~ pm20:30

 

<リアルタイム紅葉状況>

公式サイトのお知らせをご覧ください。

 

アクセス等は、この記事の最後に記載しています。

 

 

 

✈ 2016.11.09.

 

 

 

日本遺産「水と暮らしの文化遺産」に登録されている「臨済宗永源寺派 大本山 永源寺」へ

紅葉を見に(写真を撮りに)行って来ました!

 

 

滋賀県民は「永源寺」と言うと、まず、お寺さんと川遊びの2択が思い浮かびます。

 

 

この記事でご紹介するのは、お寺さんの方です☺

 

スポンサーリンク

 

参道

 

小雨が降る中、時刻は 16:00 あたり。

夕方の境内の雰囲気と紅葉を写真に写しています。

 

 

「永源寺」目の前にある民営駐車場から「永源寺」へ向かい、

大歇橋(だいけつきょう)の先、左と右下にお店があります。

 

お土産の販売と、飲食があり、

名物のこんにゃく田楽(でんがく)・そば・うどん、など、

自然と川の景色を見ながらいただけます。

 

 

大歇橋を渡って、、、

 

 

ヒィィ、、、階段!😂

 

 

120段ほどあるそうです😇

石段は滑りやすいので、滑りにくいかつ歩きやすい靴がオススメです😂👍

 

スポンサーリンク

 

石仏と自然の美しさ

 

途中、すごい岩崖がありました!

よく見てください。

 

 

石仏がいっぱい!

 

 

こちらの釈迦三尊(しゃかさんぞん)と十六羅漢(じゅうろくらかん)の石仏群は、

正確な年代は不明とされていますが、江戸期のものだと予測されています。

 

もともと境内各所にあり、ここに集められたようです。

 

すごい!!!(語彙力パァ👐)

 

 

紅葉はまだ始まったばかりのタイミング。

 

 

小雨のおかげで、自然が艶を帯びてとても綺麗でした。

 

 

スポンサーリンク

 

看門

 

境内最初の看門、(現在の)総門は1746年(延享7年)に再建されたもので、

これぞ禅寺!

「不許酒肉五辛入門内」(訳:酒・肉・ニンニクなどの五辛ダメゼッタイ!)と刻まれている結界石があり、

反対側には、 「仏道を求める者は、耳にこびりついた世俗の考え方を洗え(捨てよ)」という意味がこめられた洗耳水(せんじすい)という手水鉢があります。

 

 

総門をくぐると、参拝志納料の受付です。

 

 

次の門、三解脱門(さんげだつもん)・三門まで一直線。

 

 

「永源寺」は山にあり、

この間は、ふもとの景色がよく見えます。

 

 

「永源寺」のご本尊は観世音菩薩さまです。

 

心より念ずれば、あらゆる厄難を除き、よき後継ぎにめぐまれ、子孫は安らかに、会社は繁栄、功徳無量の秘仏として信仰を集めており六百年の歳月を経た今も「観音さんにお参りしたら子どもが生まれました」とお礼参りに見える方はあとをたちません。
公式サイト引用)

 

別名、世継ぎ観音といわれています。

 

 

三解脱門(さんげだつもん)・三門をくぐると、境内のメイン所!

 

順路・御朱印は左、石段の方へ。

 

 

しかし、右へ行ってました😂

 

スポンサーリンク

 

麺処 音無瀬

 

 

「麺処 音無瀬」

コーヒー・ぜんざい・甘酒・うどん・そば、など

いただくことができます。

 

大歇橋の左右にあったお店は民営ですが、

こちらは「永源寺」のお店です。

 

スポンサーリンク

 

境内

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

禅寺大本山の夕方の雰囲気は、空気も美味しく、とても美しかったです☺

 

来た道を戻ります。

 

スポンサーリンク

 

永源寺は もみじ寺

 

「永源寺」は、もみじが美しいことで有名です。

 

こうようの季節になると、参拝客がもみじを求めて、より一層訪れることから「もみじ寺」とも呼ばれています。

 

 

 

 

 

総門の受付では、お守りや本が並んでいました。

 

 

ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 

臨済宗永源寺派 大本山 永源寺

 

臨済宗永源寺派 大本山 永源寺
永源寺は、臨済宗・黄檗宗15派の本山のひとつ、永源寺派の大本山で、全国に127の末寺を擁し、坐禅研鑽と天下安全を祈願する古道場です。

 

「神仏霊場巡拝の道」第140番札所(近江国8番)

 

<開門時間>

通常 9:00 ~ 16:00 / 紅葉期間 8:00 ~ 20:30(ライトアップあり)

 

<お休み>

記載なし(公式サイトでご確認ください)

 

<参拝志納料>

大人 500円 / 中学生以下 無料

 

<駐車場>

あり 永源寺門前の売店前 10台程度 / 裏参道下 15台程度

(紅葉期間は門前の駐車場は利用できません)

紅葉期間は臨時で民営駐車場(500円)が開設されます

 

<バス>

八日市駅より 近江鉄道バス御園線「永源寺前」下車(約35分)

 

〒527-0212 滋賀県東近江市永源寺高野町41

電話番号 0748-27-0016

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

長旅お疲れ様でした!

 

では また🙏

 

 

 


 

 

 

ランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング

⇧ぽちっと押していただけると嬉しいです☺

 

Instagram @sgr.a.star / Twitter @trip_u_log / 楽天ROOM trip-u-log

フォロー&いいね、励みになります☺️

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました