スポンサーリンク

【金沢】駅と鼓門<一人旅>

石川県
この記事は約5分で読めます。

筆者 ゆー です☺

 

はじめましての方も、そうでない方もお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

ブログ紹介と自己紹介は「HELLO」へ。

 

コロナ渦中の今、過去の旅行を振り返っています。

 

どこかへ旅行に行く度に素晴らしい沢山の刺激に出会い

日々、自分のレベルがどんどんアップしているので(自画自賛😂)

たった数年前や、1年前、1ヶ月前のことでも、今の自分が見ると違和感がすごい、、、😂😂😂

 

読者も一緒に旅行へ行った気分になれる、そんな楽しめるブログを目指しています。

やさしい心でブログを覗いて行ってやってください🙏

 

 

 


 

 

 

【金沢日帰り一人旅のつづき】

 

 

良ければご査収ください☺

 

 

 

✈ 2016.05.02.

 

 

 

GWが暇すぎて、初の一人旅 決行!

 

思い立ったが吉日!

 

飛行機ではなく、新幹線でもなく、特急列車に乗りたくて、行先は【金沢】にしました✌

 

初の【金沢】です☺

 

スポンサーリンク

 

特急サンダーバード

 

 

特急列車1便に乗るべく am6:00 京都駅へ。

 

新幹線みたいに駅弁買って~♪とか考えてたけど、

まだ駅構内の売店(コンビニ)は どこも開いておらず、

じゃ、じゃあ、特急列車の車内販売で!と行きたいところですが、

特急列車は車内販売がないそうです😂

 

自販機でカフェオレ買って、朝ごはんはリュックに適当に入れたおやつになりました😂

 

 

京都駅から金沢駅へは、特急サンダーバードが運行しています。

JRおでかけネットの e5489 WEB早得(数日前でも早得😂)で往復11,000円くらいでした(当時)

 

 

特急列車ってなんかワクワクする!

 

ほんでめっちゃ揺れる😇

 

景色最高👍👍👍

 

 

金沢一人旅を思い立って、まっぷるを買いました。

 

まっぷるが見やすかったのと、【金沢】は観光地化されている場所ということで、

現地でまっぷるは必要ない(頭に入れた)と判断したのですが、

付録の「金沢 さんぽ便利ガイド」という、

金沢の地図と、バスマップが上手に合わさっている、

この薄い冊子(A4用紙4枚)を持って行きました。

 

 

当時はまだ電子書籍が普及してなくて、

本誌を買って、アプリをダウンロードして、本誌の中に仕込まれているQRコードを読み込むことで

電子書籍版が持ち歩けるよ、みたいなカラクリがありました(純電子書籍も売ってはいた)

 

どんどん便利な時代になって行きますね。

 

スポンサーリンク

 

金沢駅

 

揺れまくる特急サンダーバードに乗って、2時間ちょっと。

金沢駅に下車!

 

 

目的は観光地巡りなので、観光地周遊バス乗り場がある兼六園口(東口)に出ます!

噂の鼓門(つづみもん)もこちらです。

 

反対側は金沢港口(西口)

海まで少し距離はありますが、名前の通り金沢港側です。

バスツアーなどの大型バス乗り場があります。

 

金沢駅に到着して、鼓門(つづみもん)をまず拝もうと、

向かうと、遠足の小学生がいっぱい☺

 

楽しそう、、、(うらやましい)

 

 

鼓門は、金沢の伝統芸能である「能楽」で使われる鼓(つづみ)(という太鼓的な打楽器)をイメージした門だそうです。

 

今回のこの金沢一人旅の目的は、食でも、体験でもなく、歴史的建築物feat景色を愛でるツアー!

 

詳しくないけど、歴史的建築物とか、歴史を大切にした建築物とか、、、!

景色という空間と一緒に見るのが好きなのです🤩

 

見てるだけで楽しい!

 

出だしから立派な門があって楽しい!

 

 

スポンサーリンク

 

市バス

 

鼓門の近くにある、交通案内所(バスチケット窓口)で

「金沢市内1日フリー乗車券」(中学生以上600円 / 小学生300円)が販売されているので購入します!

 

2016年当時は、下の写真のものでしたが、

2020年現在は、フリー乗車券の名前も、デザインも、料金も、変更したようです。

 

詳しい金沢市内1日フリー乗車券はこちらをご覧ください。

 

 

この1日フリー乗車券があれば、

観光地を回る「城下まち金沢周遊バス」(右まわり・左まわりがある)

兼六園まで(周遊バスに比べて)近道ルートな「兼六園シャトル」

それから「北陸鉄道路線バス」などの一般バスに1日乗り放題できるのです👍

 

他にもバスの種類があって、1日フリー乗車券が使用できないものもあるのでご注意ください。

(別で専用のフリーパス購入か、1回の乗車毎に賃金が必要になります)

 

1日フリー乗車券で乗車できるバスの詳しい範囲はこちらをご覧ください(PDF)

 

 

今回は重いけど😂一眼レフカメラを装備して

たくさんの建築物と景色をパパラッチして行きます!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

長旅お疲れ様でした!

 

続きは次の記事で。

 

では また🙏

 

 

 


 

 

 

ランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング

⇧ぽちっと押していただけると嬉しいです☺

 

Instagram @sgr.a.star / Twitter @trip_u_log / 楽天ROOM trip-u-log

フォロー&いいね、励みになります☺️

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました