スポンサーリンク

波照間島行きの高速船情報【欠航基準は?船酔いは?】

コラム・まとめ 沖縄県
この記事は約12分で読めます。

「沖縄県の波照間島へ行こうとしたけど、船が欠航で行けなかった!」

ーーと、いう方は多いのではないでしょうか?

 

筆者もその一人です😂👍

 

「まだ行ったことがなくって、はじめて行くので下調べしてます!」

「調べれば調べるほど、欠航だとか、船酔いだとか、ネガティブな情報が多くて、旅行当日が心配です!」

ーーと、いう方も多いはず!

 

筆者も波照間島 旅行を計画する度にソワソワします😂

だって、欠航で行けなかったら、楽しみはもちろん、全ての予定が狂っちゃう😭😭😭

 

少しでも計画がうまくいくのか、そうでなくなるのか、早めに可視化できると安心ですよね!

 

この記事では、波照間島行きの高速船情報をシェアします👍

 

 

 

スポンサーリンク

石垣港離島ターミナルから各島へ

 

まずは、初歩中の初歩情報です☺

 

石垣港離島ターミナルから、八重山諸島 各島(波照間島も八重山諸島のひとつです)へ

観光客が行き来するにあたっての交通手段は、高速船かフェリー(貨物船)になります。

 

船会社は以下の2社です。

 

 

 

安栄観光(運航:高速船)

 

石垣島・八重山諸島の定期船運航&観光ツアー | 安栄観光
石垣島から八重山の離島への定期船運航と観光ツアーなら安栄観光。石垣島・竹富島・西表島・小浜島・波照間島・黒島・鳩間島など八重山諸島への多彩な観光ツアーをご用意しております。

 

 

 

八重山観光フェリー(運航:高速船・フェリー)

 

八重山観光フェリー【YKF】石垣島からさらに南の島々へ。定期船運航&観光ツアー開催
石垣島から日本最南端の島々へ船の旅。定期船運航と八重山諸島の離島観光パッケージツアーの事ならお任せください。南の島々を繋ぎつづけている船会社だから案内できる島の風景へご案内します。八重山離島周遊・波照間島・竹富島・小浜島・西表島・黒島・パナリ島(新城島)へ多彩なツアーメニューをご用意しております。

 

 

 

与那国島だけは、石垣島から特に距離が離れてあるので、

石垣空港から飛行機で行くこともできます。

 

運航は JAL 国内線 1社です。

 

 

スポンサーリンク

 

石垣港離島ターミナルのご案内いろいろ(フェリー乗り場も)

 

石垣港離島ターミナルのチケット窓口・フェリー乗り場・荷物預かり・etc…は、

以前、サクッと記事に書きましたので、そちらをご覧ください(記事の後半に記載しています)

 

【西表島→石垣島】石垣港の高速船とフェリーと荷物預かりについて<奇跡おきまくり八重山諸島5日間の旅 Day2>
高速船の乗船券ルールは変わり、フェリーの乗り場はここじゃない!?コインロッカーは多数設けられてるけど飛行機の受託手荷物MAXキャパシティーサイズのコインロッカーは絶望的。そんなあなたには是非こちら!(セールス風)

 

スポンサーリンク

 

波照間島行きの高速船は2タイプ

 

石垣港離島ターミナル と 波照間島港 を結ぶ高速船は2タイプです。

(途中、西表島の大原港を経由する場合も同じです)

 

 

 

小型高速船

 

 

 

 

大型高速船(ぱいじま2)

 

 

スポンサーリンク

 

高速船の出欠確定案内

 

高速船が出航するのか、そうでないのか、出欠確定案内は、

当日の 朝6:00 に、各社公式サイト・チケット窓口で発表されます。

 

ですが、天候不良の時は、このように「△未定」と案内が出ます。

 

 

海上の天候は変わりやすいですし、

間違った判断をすると、えらいこっちゃでは済みません。

 

なので、天候不良の時は、各便 出航時刻前に発表されます。

 

そうなってくると「何分前に発表されるの?はよ」ですよね😂

 

上の画像を例にすると、黄色の枠上部に「2便の運航決定は11:00頃」と記載されています。

このように各社公式サイトの出欠確定案内の記載を確認するか、

各社チケット窓口で、スタッフの方に聞くと教えてもらえます👍

 

 

 

あとはもうソワソワスタンバイするだけ😂

 

天候不良といっても、軽度の場合、島間の距離が近い場合などは、

比較的早く発表される場合があります。

 

波照間島は、他の八重山諸島と離れた位置にあり、海の状況がダイレクトに影響する航路なので、特に判断が難しいと思います。

 

欠航となってしまうと悲しいですが、

船会社のプロの方々は、安全を第一に、ギリギリまで粘って判断してくださいます。

自然によるものですので、ポジティブにサクッと臨機応変に計画変更しちゃいましょう!

 

旅行は、ハプニングも楽しんだもの勝ちです👍

 

スポンサーリンク

 

石垣港離島ターミナル ~ 波照間島、高速船の出航基準

 

この出航基準を知っていれば、天気予報を確認することで、

出航するのか、そうでないのか、なんとなく可視化できて、少しソワソワが落ち着きます😂

 

とはいえ、実際に出航判断をするのは船会社の方達です

 

あくまでも「この天気なら行けそうかな?行けるといいな!」と思う程度でお願いします☺

 

 

 

小型高速船

 

風 : 7m以下

 

波 : 2.5m以下

 

 

 

大型高速船(ぱいじま2)

 

風 : ???

 

波 : 3m以下(4mの運航は50%くらい)

 

 

 

memo

 

冬季のぱいじま2での3便目は、波照間島発、石垣島着だと

暗くなり、座礁の恐れがあるため、小型の高速船が波2.5mまでで運航。

 

冬季は天候が夏季に比べ不安定なので、

波照間島港は発着ともに、高速船に乗りたい場合、1便をメインにして、

フェリーを保険で視野に入れるのが吉👍

(※貨客フェリーも100%の出航率ではありません)

 

反対に、帰りも高速船の出欠がわかりません。

日数に余裕を持って、旅行日程を計画されてください👍

 

あと、ぱいじま2は「故障した」「また故障した」とちょくちょく故障を聞きます😂

 

スポンサーリンク

 

石垣港離島ターミナル ~ 波照間島、船揺れはどんな感じ?

 

波照間島 発着の高速船情報を見ると、船酔いについて書かれている方が多いです😇

 

かく言う筆者も、初めて乗船した時に(軽いの)体験しました😂

それからは、酔い止めを飲んでから挑んでます😂👍

 

 

 

小型高速船

 

乗船時間は約60分。

 

小型高速船は「揺れなかったらスーパーラッキー」と言うほど、

四方八方ランダムにバウンドしながら揺れます😇

 

各座席に「坐骨骨折にご注意ください」と記載があります。

 

「どんだけ脅すんや」と言われそうですが、本当のことです😂

知っておいたほうが船酔い対策しやすく、快適に下船することができると思います👍

 

揺れぐあいは、その日その時で違うので、、、運ですね😇

 

 

 

大型高速船(ぱいじま2)

 

乗船時間は約80分。

 

ぱいじま2は、ゆりかごのような横揺れタイプです。

大型船ならではと言いますか、比較的静かに揺れます。

 

小型高速船と比べて、こちらの方が船酔いしにくそうに思います。

ですが、「乗ってから自分は横揺れが苦手だと知った」という方が多少おられるので、

船酔い対策をしてから乗船するに越したことはありません👍

 

 

 

memo

 

(ぱいじま2が故障していなければ)1便は、ぱいじま2の運航率が高いです。

2便以降は、予約件数だったり、海上の状況だったり、

先程も記載したように座礁の恐れだったりで変わってくるので、

1便も含め、全便、どちらの船が出るかは、

直接、運航会社に問い合わせ電話をして確認されてください。

 

筆者の船酔い対策は、

乗船前の飲食は軽く済ませて、酔い止めを飲んで、ラクな服で乗船します。

 

「揺れがヤバイ!」という時は、遠くの景色(地平線ですけどね😂)を見たり、

シートに普通に座ったまま、禅(無心)で心頭滅却します(しました)(乗り切りました)

 

「吐きます!」という場合、出来ればデッキからそのまま海に吐かれるのがオススメです😂

吐いたものは魚のエサになるので心配いりません。

他人の目が気になるところですが、

トイレという狭い空間に入ると、一気に船酔いしたり、悪化しやすいのでご注意ください。

 

座席を選ぶ際は、前より後ろの方が揺れが落ち着いていますので、

是非こちらも参考にどうぞ😇

 

スポンサーリンク

 

船内はこんな感じ

 

 

 

小型高速船

 

前方と後方で分かれています。

全席、自由席です。

 

 

前方は、少し階段を下りる必要がありますが、

階段の手前(降りなくて良い)に数席、優先座席があります。

 

 

完全室内になっていて、空調もバッチリです👍

 

座席のシートはクッション性もあり、

通路を挟んで左右に3席ずつ配置されています。

 

 

後方は、室内といえば室内ですが、

壁になる部分が開いている箇所があり、半屋外になっています。

 

空調は自然そのままなので、夏の暑い日だとムッとしています。

 

座席のシートは硬いプラスチックのベンチです。

 

 

船の最後部に共用トイレが1室あり、激せまです😂

 

そして、エンジン音が大音量です😂👍

 

前方の室内座席は、とても人気なので、乗船前に並ばないと座れない可能性が高いです。

乗客が多い場合、並んでも後の方だと、後方一択となります😂

 

スポンサーリンク

 

大型高速船(ぱいじま2)

 

全席、完全室内です。

空調もバッチリです。

 

 

 

 

1F部分のほとんどは自由席です。

ジャンボジェット機(飛行機)のように、3・4・4・3と座席が配置されています。

 

 

自由席の後方に売店っぽい場所がありますが、ただの場所でした😂

「売店」と書かれているので、売店の日もあるのかもしれません👍

 

 

ぱいじま2のペーパークラフトが置いてあり、誰でも自由に無料でもらえます👍

 

 

スポンサーリンク

 

1Fの後方には、様々な設備が整っています。

 

 

まず、パーティー席のような、別途有料(追加料金)座席が目につきます。

 

 

2Fにも別途有料(追加料金)座席があり、そちらは「スーパーシート」とのことです👍

運航中は、2Fに続く階段にチェーンがかかっていたので、

船員とスーパーシートの利用客のみが行けるようです。

 

階段下には、小型高速船には(一切何も😂)無かった自販機があり、

 

 

反対側には、授乳室があります。

 

 

トイレは、男性・女性・共用の車椅子マークと3ヶ所あります。

 

こちらの写真は女性トイレ。

比較的広いですが、個室のドアを閉めると、見ての通り広くはありませんので、

酔いやすい方はご注意ください。

 

 

石垣港離島ターミナルの桟橋から ぱいじま2へは、1F出入り口から乗船しましたが、

波照間島に到着すると、船内の階段を上がり、2F出入り口から下船しました。

 

 

引き潮だったのか、桟橋の高さの関係なのかは、聞いていないのでわかりません。

 

1Fから2Fへ行き来するにあたって、

船内にエレベーターがあったかどうかは、記憶に残っていないのでわかりません🙏

船会社へ直接お問い合わせください🙏

 

2Fから桟橋へは、着船後にスロープが設置されます。

 

 

スポンサーリンク

 

おまけ 波照間島ベストシーズン

 

 

沖縄のベストシーズンは、夏と、本州より少し早く梅雨があける6月下旬です。

 

7~9月は、ハイシーズンなので、観光をメインとした方が多いですが、

6月下旬・9月・10月は、観光客より「しょっちゅう沖縄行ってます」という方が多い気がします😂

 

では、波照間島も沖縄なので、そうなのか?と、いいますと、、、

 

波照間島のベストシーズンは、春です。

 

波照間島は、日本で唯一、南半球の有名な星座「南十字星」が見える島だと言われています。

(西表島からもギリギリ見えます✌)

ただし、波照間島から南十字星を拝めるシーズンは、12~6月の半年間。

 

冬は、低気圧の影響で、晴れる日が滅多にありません。

 

春は、台風もなく、夏に向けて気候が安定しだします。

生まれも育ちも波照間島の方に聞くと「4月が良いんじゃないかな」だそうです☺

 

夏は、台風の発生率もそうですが、日中の直射日光が想像異常にキツイです。

友達も「真夏の波照間は熱中症になるから、日中は(宿の)部屋で爆睡してる」と言っていました😂👍

 

秋は、まだまだ台風シーズンですし、晴れの日は夏同様の暑さです。

 

星空を、特に南十字星を目的とされるのなら、是非 春に行かれてください☺

海が大好きだという方は、夏と秋も最高ですね!

 

スポンサーリンク

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

長旅お疲れ様でした!

 

では また🙏

 

 

 


 

 

 

ランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング

⇧ぽちっと押していただけると嬉しいです☺

 

Instagram @sgr.a.star / Twitter @trip_u_log / 楽天ROOM trip-u-log

フォロー&いいね、励みになります☺️

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました