スポンサーリンク

【京都】鈴虫寺 妙徳山華厳寺

京都府
この記事は約5分で読めます。

筆者 ゆー です☺

 

はじめましての方も、そうでない方もお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

ブログ紹介と自己紹介は「HELLO」へ。

 

コロナ渦中の今、過去の旅行を振り返っています。

 

どこかへ旅行に行く度に素晴らしい沢山の刺激に出会い

日々、自分のレベルがどんどんアップしているので(自画自賛😂)

たった数年前や、1年前、1ヶ月前のことでも、今の自分が見ると違和感がすごい、、、😂😂😂

 

読者も一緒に旅行へ行った気分になれる、そんな楽しめるブログを目指しています。

やさしい心でブログを覗いて行ってやってください🙏

 

 

 

✈ 2016.11.03.

 

 

 

「鈴虫寺」をご存知でしょうか?

 

そうです。

 

鈴虫がいっぱいいるお寺「鈴虫寺」です😂

 

 

正しくは「妙徳山 華厳寺」(みょうとくざん けごんじ)といいます。

 

「願いを叶えてくれるお地蔵さん」のお寺として、とても有名です。

 

スポンサーリンク

 

願いを叶えてくれるお地蔵さん

 

願いごとを叶えてくれるのは神様(神社)じゃないの?

うんうん。その気持ちわかります。

ですが、固定概念に囚われてはいけません😂

 

「鈴虫寺」にいらっしゃるお地蔵さんは

藁草履をはいているので、あちこちへ行くことができます。

 

藁草履をはいたお地蔵さんの専用のお守りがあり、

そのお守りを通して、お地蔵さんにお願いごとをします。

 

お守りを肌身離さず持つことで、

お地蔵さんに自分の居場所を知ってもらい、願いを叶えに来ていただけるのです。

 

ーーということで!

邪念・欲望満々で「鈴虫寺」へ😂✌✌✌

 

スポンサーリンク

 

待ち列

 

 

邪念・欲望仲間がすごい列をなしていました😂😂😂

 

お守りを授からせていただくためには、

1時間毎に開かれる説法を受けてからです。

 

人数制限があるので、、、待ちます!

 

 

現在はコロナ渦中ということで、比較的に空いているそうです。

公式サイトで、混雑予想を見ることができます。

 

スポンサーリンク

 

1人待機は寂しいけど、庭園ではなくて、何ていうんですかね、、、

門まで続く道が美しいので、見ていて全然飽きませんでした☺

 

春は新緑、夏は茂り、秋は紅葉、冬は椿が綺麗そうですね!

 

そして、門前に立派な樹!

 

 

門の手前(写真左側見切れてます🙏)に

藁草履をはいた大きなお地蔵さんがいらっしゃいました☺

 

 

残念ながら見切れているというか、わざと撮っていません。

是非、「鈴虫寺」へ赴いて、お地蔵さんにお会いして来てください☺

 

スポンサーリンク

 

説法

 

 

せっかくの待ち時間に邪念を消化するどころかパワーアップさせて😂

門をくぐり、順番が来ました!

 

靴を脱いで、説法(法話)用の畳の間に上がります。

 

鈴虫の綺麗な音が爆音です😂😂😂

 

何匹いるのかは忘れましたが、たくさんあるガラス張りの入れ物にすごい数の鈴虫でした👐

ここ「鈴虫寺」では、年中、鈴虫の音を聞くことができるそうです。

 

畳の間に連なった机と座布団があり、順番に詰めて座ります。

(この時、椅子ではありませんでしたが、月日が経って変わっているかもしれません)

 

お茶と和菓子をいただき、約30分の説法と、お願いの仕方を教わります。

お守りには上下があり、お地蔵さんが入っていらっしゃるので、

持ち方の決まりも教えていただき、決まりに沿ってお願いごとをします。

 

最後に、畳の間から出るタイミングで、1人500円を渡し、ひとつお守りを授かります。

この時の説明では「自分の分・誰かの分」というのは出来ず「1人ひとつ」と決まっていました。

 

スポンサーリンク

 

お庭

 

 

「鈴虫寺」の庭園をぐるっと散策して、門へ。

 

 

庭園散策に時間制限はありませんでした。

 

ちなみに、庭園では鈴虫の音は聞こえませんでした😂

ガラスケースじゃなくて、自然の場所だと、夏の終わりは聞こえるのかな?

 

 

スポンサーリンク

 

参道

 

門に戻り、並ぶ邪念組合の皆様に横目に見てもらいながら帰ります😂

 

待つ方の視線、帰る方のヤッタネ!の雰囲気。

互いにあの「先」感は何なんですかね😂

 

11:00 くらいに行きましたが、門から出たのは 13:00 くらいでした。

行った時より、帰りの時の方が待ち列が伸びていました。

 

 

「鈴虫寺」は臨済宗に属する禅寺です。

 

藁草履をはいたお地蔵さん(幸福地蔵菩薩さま)が有名ですが、

本尊であるのは大日如来さまです。

 

スポンサーリンク

 

鈴虫寺 妙徳山華厳寺(みょうとくざん けごんじ)

 

京都嵐山観光の寺 鈴虫寺
京都嵐山観光の寺 鈴虫寺京都嵐山にあるお寺鈴虫寺。観光スポットとしても最適な嵐山に位置し、恋愛成就・縁結び祈願・黄色いお守りで人気のお寺です。お札・お守り・お地蔵さん・説法が有名なお寺は京都嵐山鈴虫寺。京都観光へお越しの際は鈴虫寺へ。

 

<見学時間>

9:00 ~ 最終受付 16:00(コロナ対応時 16:15)

1時間毎に見学時間が定められています。

人数制限があり、都度制限人数毎に入門します。

 

<開門時間>

5:00 ~ 最終入門 16:30

 

<見学志納料>

大人 500円 / 中学生以下 300円

(説法・お茶菓子・お守り授与・庭園見学)

 

<バス>

京都駅から・・・市バス「28番 大覚寺ゆき」 松尾大社 下車

京都駅から・・・京都バス「73・83番 鈴虫寺ゆき」 終点 下車

三条京阪前から・・・京都バス「63番 鈴虫寺ゆき」 終点 下車

四条烏丸から・・・市バス「29番 国道中山洛西バスターミナルゆき」 苔寺道 下車

 

<駐車場>

あり 1台500円

鈴虫寺東隣、鈴虫寺参拝者用駐車場(60台分)

 

〒615-8294 京都府京都市西京区松室地家町31

電話番号 075-381-3830

 

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

長旅お疲れ様でした!

 

では また🙏

 

 

 


 

 

 

ランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング

⇧ぽちっと押していただけると嬉しいです☺

 

Instagram @sgr.a.star / Twitter @trip_u_log / 楽天ROOM trip-u-log

フォロー&いいね、励みになります☺️

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました