スポンサーリンク

【富良野】新富良野プリンスホテル / ニングルテラス・ふらの歓寒村 編<おら北海道さ行くだ2日間の旅 Day1>

北海道
この記事は約6分で読めます。

筆者 ゆー です☺

 

はじめましての方も、そうでない方もお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

ブログ紹介と自己紹介は「HELLO」へ。

 

コロナ渦中の今、過去の旅行を振り返っています。

 

どこかへ旅行に行く度に素晴らしい沢山の刺激に出会い

日々、自分のレベルがどんどんアップしているので(自画自賛😂)

たった数年前や、1年前、1ヶ月前のことでも、今の自分が見ると違和感がすごい、、、😂😂😂

 

読者も一緒に旅行へ行った気分になれる、そんな楽しめるブログを目指しています。

やさしい心でブログを覗いて行ってやってください🙏

 

 

 

【前回までのあらすじ】

 

★弾丸1泊2日北海道旅行

★キャーさんの悲劇特集

★ビバウシの中心

★クリスマスツリーの木

★オシャレな道の駅

 

 

良ければご査収ください☺

 

 

 

✈ 2016.03.10.

 

 

 

<おら北海道さ行くだ2日間の旅>1日目ラストイベント!

 

 

新千歳空港周辺にある海鮮市場から始まり、

アザラシ丼、犬ぞり体験、馬小屋見学、ビバウシの中心、クリスマスツリーの木、フラノマルシェ、

ギュンギュンに詰め込まれた予定も、いよいよ1日目ラストとなりました。

 

夕暮れ時に向かったのは「新富良野プリンスホテル」(じゃらんnetはこちら / ホテルズドットコムはこちら

 

 

残念ながら宿泊ではなく、、、

「新富良野プリンスホテル」に併設されている「ニングルテラス」と「ふらの歓寒村」(かんかんむら)で遊ぶことが目的です🙌

 

スポンサーリンク

 

ニングルテラス

 

「新富良野プリンスホテル」の利用客無料駐車場からすぐのところに入り口がありました。

 

 

ニングルは、アイヌの伝承における小人。
創作の設定においては、富良野地方のアイヌの民話に登場するとされるが、登場する民話の実在は確認されていない。
Wikipedia参照

 

 

ーーーだそうです👍

 

 

ここ「ニングルテラス」は数軒のログハウスが並んでいて、

各ログハウスは、カフェや工房として運営されていました。

 

小さな集落みたいで可愛く、フォトジェニックな雰囲気で、どこもかしこもお洒落でした!

 

 

各工房では、作品を購入することができました👍

体験教室などもあるそうです👍

 

カフェも、工房も、それぞれで定休日があり、営業時間も変動するようなので、

お目当てのところへ行かれる際は、事前確認必須です。

 

 

詳しくは、新富良野プリンスホテル 公式サイト、もしくは電話(0167-22-1111 / 新富良野プリンスホテル代表)で直接お問い合わせされてください。

 

 

<営業時間>

12:00 〜 20:45(各店舗により営業時間が異なります)

(天候・季節により営業時間が変更になる場合あり)

 

<定休日>

店舗により不定休あり・11月に休業期間あり

 

<入場料>

無料

 

<駐車場>

あり 無料

(新富良野プリンスホテルの駐車場をご利用ください)

 

〒076-8511 北海道富良野市中御料

電話番号 0167-22-1111

 

 

スポンサーリンク

 

歓寒村

 

「ニングルテラス」のログハウスの中は、どこも暖かそうでした☺

 

暖炉の暖かさでゆっくりくつろぐことが出来るカフェにも行きたかったのですが、

我々の一番の目的地は「ニングルテラス」の奥にある、冬季のみ運営している「ふらの歓寒村」の かまくらカフェ!

 

 

公式サイトの情報によると「ふらの歓寒村」では、かまくらカフェ以外に、

スノーチュービングや、スノーラフティングなど、雪ならではのアクティビティで遊ぶこともできるそうです!

 

ワクワクしながら向かった「ふらの歓寒村」までの道のり。

辺りが暗くなってきて、足元がにぎやかになってきました💡

 

 

ここや!

 

着いた!

 

 

大人2人です!

 

「最近暖かくて、ちょうど昨日、かまくらが崩れてしまいました」

 

 

「それでも良ければ300円ですが、入ることができます」

 

ええええ!

 

「どうしますか?😂」

 

ええええええええええええ!

 

 

や、やめ、、、やめときます😂

 

「残念ですが、また来年来てください😂」

 

ショボーン

 

 

<営業期間>

12月下旬 ~ 3月上旬

 

<営業時間>

16:00 〜 20:00

 

<入場料>

中学生以上 300円 / 小学生以下 無料(要保護者同伴)

 

毎年開催している雰囲気でしたが、コロナウイルスの影響もあるかと思います。

情報は執筆当時のものなので変わっているかもしれません。

詳しくは、新富良野プリンスホテル 公式サイト、もしくは電話(0167-22-1111 / 新富良野プリンスホテル代表)で直接お問い合わせされてください。

 

スポンサーリンク

 

撤収!

 

もう暗くなってきたし(宿泊先に)行こっか😂

 

雪道(車の運転)危ないもんな😂

 

ニングルテラスのカフェも閉まってるっぽいし😂

 

もう大人しくホテルいこ😭

 

 

こうして我々は、大人しく1日目を終え、、、ていません😂😂😂

 

1泊2日、初の北海道旅行やで?

 

時間を無駄にしてはいけない!

 

なぁなぁ、夜ごはんどうする?

 

スープカレー食べたいな!

 

ラーメンもいいよな!

 

もう頭の中は2人とも夜ごはんのことでいっぱいでした👐

北海道旅行、1食目が悲劇だったので尚更😂😂😂

 

美味しかったおやつはおいといて、2食目こそご当地グルメをキメたい!!!

 

あ、そうそう!

「新富良野プリンスホテル」には、駐車場と「ニングルテラス」との間に「富良野・ドラマ館」なるものがありました!

 

 

昭和17年頃の「富良野駅」開業当時を再現した店舗では、脚本家・倉本聰氏が富良野を舞台としたテレビドラマ3作品「北の国から」、「優しい時間」、「風のガーデン」のオリジナル商品を主に販売しています。(公式サイト引用)

 

 

ちょこっとだけ覗いたのですが、各ドラマのグッズがめちゃくちゃ並んでいました👐

(ドラマ見てないので全くわかりませんでした)(マニアックなものがたくさん並んでいたのはわかりました)

 

それでは、撤収~!

 

スポンサーリンク

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

長旅お疲れ様でした!

 

続きは次の記事で。

 

では また🙏

 

 

 


 

 

 

ランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング

⇧ぽちっと押していただけると嬉しいです☺

 

Instagram @sgr.a.star / Twitter @trip_u_log / 楽天ROOM trip-u-log

フォロー&いいね、励みになります☺️

 

 

コメント

  1. かんかんむらぁ!!うぉおおい!爆笑爆笑爆笑

    • 前 日 !!!爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑

タイトルとURLをコピーしました